HOME > 睡眠障害・不眠症とは

睡眠障害・不眠症とは

睡眠障害・不眠症とはのイメージ

今の世の中では職場や学校、家庭などにいろいろなストレスがあふれており、子供から大人まであらゆる世代で睡眠に関する問題をかかえている人が少なくありません。その睡眠の問題というのも、いわゆる不眠のみではないのです。睡眠障害は文字通り、睡眠に関する障害で、以下の四つに分けられます(睡眠障害国際分類)。

  • 睡眠異常:睡眠自体が病気である場合
    不眠症、過眠症、ナルコレプシー、睡眠相後退症候群、睡眠呼吸障害(睡眠時無呼吸症候群を含む)、があります。なお不眠症には、入眠困難、早朝覚醒、中途覚醒、熟眠障害に分類され、その病態に応じて治療薬(睡眠薬)を使い分けます。
  • 睡眠時随伴症状:睡眠中に見られる異常な行動
    夜驚症、夜尿症、催眠麻痺、周期性四肢運動、REM睡眠行動障害、むずむず脚症候群などがあります。
  • 内科・精神科的睡眠障害:精神病や不安障害、うつ病などに伴う不眠や過眠
  • その他:未だ分類が正確になされていない、短時間睡眠障害、長時間睡眠者など

睡眠呼吸障害とは

睡眠呼吸障害(睡眠時呼吸障害)とは、睡眠中に呼吸の低下をきたす病気であり、最も多い睡眠時無呼吸症候群(閉塞性睡眠時無呼吸症候群、中枢性無呼吸症候群)だけではなく、チェーン・ストークス呼吸症候群、睡眠時低換気症候群、上気道抵抗症候群があります。

不眠症とは

寝つきの悪いタイプで、眠ろうとすればするほど眠れなくなるが、いったん入眠すると朝まで眠れるというもので、不眠症の中ではかなり多くみられます。不眠症の中でも入眠障害は最も多いと言われています。

あなたの不眠症タイプは?

不眠症も人によってケースはいくつかあります。
ご自分の症状を良く知った上で症状と向き合いましょう。

  • なかなか寝付けない…
  • 寝付くまでに時間がかかる
  • 眠れるがすぐに起きてしまう…
  • よく怖い夢で目覚めてしまう
  • 夜も眠れるし途中で起きる事はないが朝早く目覚めてしまう…
  • 夢ばかりみて眠った気がしない
  • 眠れない事がストレスで余計に眠れなくなってしまう
  • 夜息苦しくて起きてしまう
  • いびきがひどい
入眠障害タイプ
概要

寝つきの悪いタイプで、眠ろうとすればするほど眠れなくなるが、いったん入眠すると朝まで眠れるというもので、不眠症の中ではかなり多くみられます。不眠症の中でも入眠障害は最も多いと言われています。

対策と治療法


熱眠障害タイプ
概要

眠りが浅く、すぐに目が覚める、夢ばかりみて眠った気がしないと訴えるタイプで、老人の不眠や慢性的なストレス状態で多くみられます。

対策と治療法


早朝発醒タイプ
概要

朝早く目が覚め、その後眠れないというタイプで、高齢者に多い傾向があります。ただし就眠が早すぎるだけで全体の睡眠量は足りているということもあります。

対策と治療法


中途覚醒タイプ
概要

一度起きてしまった場合、再度眠りにつくまで時間がかかってしまったり、何度も何度も寝た後に目が覚めてしまうことを中途覚醒と言います。
寝ている途中で目が覚めてしまうので充分な睡眠が取れず、日中に異常な眠気に襲われ集中力や記憶力の低下につながります。

対策と治療法


お問い合わせ
携帯サイトはこちら

〒154-0015
東京都世田谷区桜新町1-11-5

お問い合わせはこちら 03-5426-6550詳細はこちら

【受付時間】

平  日

土曜日

午前 9:00~12:30 
午後 15:30~19:00
午前 9:00~12:00
午後 14:00~17:00

【休診日】

木曜日(午後)、日曜日、祭日

メールでのお問い合わせ

  • RSS配信
  • RSSヘルプ