院長ブログ

2012年9月 3日 月曜日

睡眠の日

みなさんは「睡眠の日」ってご存知ですか?
2011年に制定されたばかりですが、3月18日と9月3日の春と秋それぞれ1日ずつ決まりました。
3月18日は欧米で行われている世界睡眠デーと共通で、9月3日は「グッスリ」のごろ合わせから来ています。

より多くの方に睡眠について知っていただこうと 日本睡眠学会でもキャンペーンを行っております。
日本睡眠学会 http://www.jssr.jp/index.html

もう9月ですが暑さが残りますね。
暑さに負けないためにも、また健康を維持するうえでも、一日の約3分の1、つまりは人生の3分の1を占める睡眠時間をよりよいものにするためにも、快適な睡眠をとるためのポイントをおさらいしましょう。前のブログとかぶるところがありますが、おさらいと思って~


1 早寝早起き
 :朝早い時間は雑音が少なく、また夏の期間でも過ごしやすく 仕事や家事、勉強がはかどります。

2 眠くなったら眠る
 :夜ちょっと早いかなと思ったら思い切ってねちゃいましょう。その分早く起きてとりかえしましょう。

3 適切な睡眠時間はあくまで参考程度に
 :各種の病気になりにくく、長生きできるとされている理想の睡眠時間は7時間とされていますが、人それぞれあった睡眠時間は  さまざまです。7時間睡眠に必ずしもこだわる必要はありません。自然に目が覚めてすっきりしていれば、それがその方に逢っ  た睡眠時間です。

4 睡眠環境を整える
 :眠る2時間前には画面(パソコン、携帯、スマートフォン、テレビ等)は切り、メールチェックも切り上げましょう。照度が大きく せっかく眠くな ってきたのに覚醒させてしまいます。部屋は暗くし、光や音をシャットアウトするためにアイマスクや耳栓も有効です。

5 体を副交感神経優位に
 :激しい運動やカフェイン、刺激的なドラマや映画、ニュースも 体を活動モードにする交感神経を緊張させてしまいます。
  眠れるのに好ましいのは、体をリラックスモードにする副交感神経を活発にさせましょう。ヨガやストレッチ・柔軟運動、ウォーキ ングや軽いジョギングも効果があります。熱くない(39度以下)風呂への入浴はお勧めで、アロマ・お香も好みによっては有効で す。

6 午後の眠気対策~シエスタのすすめ~
 :昼食後に眠くなるのは自然な眠気のリズムです。午後三時までに若い人なら15-20分、高齢の方でも30分までの昼寝をするこ とで午後の眠気が軽くなり、かつその後より活動的になり、仕事や学習の効率もアップします。そんなに短くては起きれないとい う方には、コーヒーやお茶などのカフェインを飲んでからシエスタするとちょうど20分前後で効いてくるので自然と目がさまます。

7 目が覚めたときに体内時計をリセット!
 :人間の体は25時間サイクル。だから朝リセットしないと眠いのはしかたないのです。目が覚めたら太陽の光を浴びましょう。そb れによって体内時計のスイッチが入り、スムーズな新しい一日を始めることができます。そして光を浴びると14~16時間後に睡 眠ホルモン・メラトニンが増えるので自然と眠くなります。夜の眠りは その日の朝に作られるといっても過言ではありません!

8 睡眠障害は専門家に相談
 :睡眠は生活習慣病やうつなどに密接にかかわっています。眠れない、いびきをかく、足がむずむずする、睡眠中息が苦しくな  る、などの症状がある場合には 迷わず専門家に相談しましょう。

投稿者 池上内科循環器科クリニック | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2012年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のブログ記事

お問い合わせ
携帯サイトはこちら

〒154-0015
東京都世田谷区桜新町1-11-5

お問い合わせはこちら 03-5426-6550詳細はこちら

【受付時間】

平  日

土曜日

午前 9:00~12:30 
午後 15:30~19:00
午前 9:00~12:00
午後 14:00~17:00

【休診日】

木曜日(午後)、日曜日、祭日

メールでのお問い合わせ

  • RSS配信
  • RSSヘルプ